フリーターとニートって、世間一般からどう見られているのか?


フリーターとニート。似ているようで違いますね。世間一般ではどのように思われているのでしょうか?それは...

定義はあるの?

フリーター?ニート?どちらに見えますか?

フリーターとニートには明確な違いがあります。

それは仕事をしているかどうかということなんです。

 フリーターは仕事をしている人のことです。
 ニートは無職の人のことです。

フリーターはパートやアルバイトと同様ですので、連想しやすいですよね。

それに対して、ニートとは何かを正確に説明できる人は少ないようです。

フリーターはどう見られているの?

それではフリーターはニートとどう区別がつけられているのでしょうか?

フリーターはどう見られているのでしょうか?

意外というか、当然というか、フリーターはアルバイトと見られていることが多いようです。

一人で生計を立てられるくらいは稼いでいるが不安定な状態...

世間では働いているイメージはあるけど、定職につかないひとというイメージのようです。

ニートの世間のイメージは?

それに対して、ニートの世間一般のイメージはどうでしょうか?

「社会に出るのを拒んでいる」、「ひきこもり」、「働く意思がない若者」といったものが多いですが、自分で生計を立てるだけの稼ぎがないと考える人も多いようです。

ニートは働いているかどうかより、ひきこもりのイメージですね。

ニートとフリーターには大差がないと考える人も多いです。

確かに雇用が不安定であるという点では共通しているかもしれません。

しかし、働く意思には差があると思います。

ニートはまずは社会に出て働くという壁を破る必要があります。

正社員にニートが挑戦するのは無謀だという話もあるでしょう。

ですが、正しい方法でやれば正社員での就職も決して夢ではありません。

それはフリーター、ニート専門の転職エージェントに相談することです。

ハローワークを使うよりも、早く効果的に就職できます。

それにハローワーク求人には直接雇用はなかなかありません。

まだまだ非正規雇用の方が多いのです。

まずは勇気を出して、人とのコミュニケーションをとってみることが大事ですね。

いつまでもニートというわけにはいきませんから。

トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ