誰でも簡単にできる求人選定の転職の希望条件を明確にする手順

求人応募
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

求人選定はとても大切ですが、あなたなりの転職の希望条件ははっきりしているでしょうか?応募前に迷うのは転職理由と転職の希望条件が明確になっていないからだと思います。ここでは求人選定の転職の希望条件を明確にする手順を解説します。

誰でも簡単にできる求人選定の転職の希望条件を明確にする手順

誰でも簡単にできる求人選定の転職の希望条件を明確にする手順

 

求人選定の際には以下の手順で行えば、転職の希望条件は明確になります。

  • 転職の希望条件のリストアップ
  • 転職の希望条件の優先順位付け
  • 転職の希望条件ごとに内容決定

 

それでは一つ一つについて、説明していきますね。

 

転職の希望条件のリストアップ

転職の希望条件のリストアップ

 

何となくではあっても、求人選定する際には基準をもっていると思います。

まずは転職の希望条件のリストアップをします。

 

逆に言うと、転職の希望条件に入っていないものは応募に際しては気にしていないことがわかります。

頭の中にあることを整理して書き出すことで、のちに求人選定の重要な参考になります。

 

例えば以下のような転職の希望条件が考えられます。

 

  • 仕事内容
  • ポジョション、地位
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 年収(給料、ボーナス)
  • 休日
  • 残業時間
  • 企業の経営状況
  • 会社の口コミ
  • 内資か外資か
  • 英語を使う仕事を希望するか

 

会社の口コミについては、口コミサイトで調べるのが良いでしょう。

年収や残業時間も転職会議などで調べられますので、便利です。

 

転職会議ではこんな感じで給料明細が掲載されます。

 

 

私が転職活動のときは必ず、応募前に転職会議で年収と評判・口コミは調査していました。

時間の無駄になるのは嫌でしたからね。

 

内定が出てから調査する人が多いですが、それでは遅いと思います。

入社しないと決まっている会社は応募前に出来るだけ排除すべきです。

 

 

転職の希望条件の優先順位付け

 

転職の希望条件の優先順位付け

 

リストアップした転職の希望条件の中には、どうしても譲れないもの、あった方が良いもの、妥協可能なものなどあると思います。

次は先ほどの例を使って、優先順位をつけてみましょう。

 

絶対に譲れない転職の希望条件を決定、優先順位付け

 

求人を選ぶうえで絶対に譲れない項目を決定しておくことは重要です。

 

ここでは3つの項目を選定し、優先順位付けをしました。

 

転職の希望条件優先順位
企業の経営状況
会社の口コミ
仕事内容

 

妥協できる転職の希望条件を優先順位付け

 

残った転職の希望条件は妥協可能なものです。

 

しかしそれでも、優先順位付けをしておいた方は良いでしょう。

 

以下の例では勤務地は妥協可能だが、できるだけ妥協したくないということですよね。

逆にポジション、地位については妥協可能で気にしていない項目だと言えますね。

 

このように妥協可能な転職の希望条件にはグラデーション(濃淡)がつくのです。

 

転職の希望条件優先順位
勤務地
年収(給料、ボーナス)
雇用形態
残業時間
休日
ポジョション、地位
内資か外資か
英語を使う仕事を希望するか

 



 

 

転職の希望条件ごとに内容決定

転職の希望条件ごとに内容決定

 

優先順位が決まったら、転職の希望条件ごとに具体的な内容を決定します。

これを決めておくことで、応募前の迷いは殆どなくなるでしょう。

 

優先順位転職の希望条件具体的な内容
1仕事内容現職の職務内容を活かせる仕事
2企業の経営状況帝国データバンクで調査(nifty ID無料登録必要)
3会社の口コミで調査
4勤務地首都圏
5年収(給料、ボーナス)350万円
6雇用形態正社員
7残業時間月20時間以内
8休日年間休日数120以上
9ポジョション、地位こだわらない
10内資か外資か内資
11英語を使う仕事を希望するか希望しない

 

どうでしょうか?

上記のような表を作っておけば、求人応募する際に迷うことはなくなりますよね。

 

これを基準として求人検索も出来ますし、転職エージェントからの求人紹介に応募するかの検討も出来ます。

転職エージェントについては会社名は最初は教えてもらえないことが多いので、企業調査を十分に行ってから応募するか決めたほうが良いでしょう。

 

面接辞退や内定辞退を後でするなら、応募前に十分調査した方が良いですし、効率的です。

転職活動はできるだけ時間をかけずに行うのが成功の秘訣です。

 

【選考辞退】転職面接を辞退した企業への再応募は可能か?
転職面接を辞退した求人に再応募は可能かというお問い合わせが多いので、本記事ではその戦略と戦術を解説します。このようなお悩みに回答します。

 

内定承諾後に内定辞退は可能か?【転職エージェント推薦の方が有利】
ビジネスマナーとしてはとても失礼なことになりますが、内定承諾してからの内定辞退というのは可能なのでしょうか?内定とはどういうことなのか?内定承諾とは何なのか?この説明をまず行います。それが理解できれば、内定承諾後に内定辞退可能かというのはおのずと答えが出ると思いますよ。

 

そのためにもこの転職の希望条件の基準はとても重要です。

これは転職理由と同じことですが、今回はより具体的な内容に深掘りしています。

 

転職理由が明確であれば、求人選択についても迷わないはずです。

求人応募の際の条件を見える化することで転職の希望条件がはっきりとしますので、迷うことはなくなります。

 

書き出した後で転職の希望条件を追加することも削除することも自由ですが気をつけるべきことがあります。

それは希望条件の内容と転職理由とで整合が取れなくならないようにすることです。

 

転職・転職の軸はあくまでも【転職理由】ですから。

転職理由から求人票向けに具体化したものが転職の希望条件です。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】
転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?

 

転職の希望条件が先ではありません。

転職の目的、すなわち、転職理由が先です。

間違えて転職活動をしている方が多いので、気をつけましょう。

 



 

 

>>【採用担当が厳選しておすすめ!】転職サイトと転職エージェント93選【裏事情】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選

 

 

ニート、既卒など社会人経験がない方にはおすすめです。顧客対応の仕方など社会人として必要な研修に参加することから始まります。書類選考なしで20社以上の企業と面接出来ますので、ブラック企業へ入社する確率は極めて低いんです。

ハタラクティブはフリーター向け転職エージェントです。フリーターは社会人経験がないわけではないので、あなたの得意分野をカウンセリングで引き出し、求人紹介へつなげます。4割の方は社会人経験がないので、ニートでも安心して使えます。

第二新卒エージェントneoのスタッフは全員が第二新卒出身です。20代の方が就職をする気持ちがよくわかる方がサポートしてくれるので、やる気さえあればどなたでも使える転職エージェントですよ!

マイナビジョブ20'sは第二新卒向けの転職エージェントです。全てが20代向けの求人であることから20代専門の転職エージェントとも言えます。マイナビグループならではの企業とのネットワークがあります。求人票には書かれていない社風などの本当のところを知った上で求人紹介してくれます。もちろん、疑問があれば担当アドバイザーにどんどん質問して下さいね!

Re就活は20代に特化した転職サイトです。20代には20代の戦い方があります。掲載されている求人は20代専門のものです。さらには未経験求人が1万件ほど掲載されています。20代はキャリアチェンジも問題なく可能です。Re就活を使うことで未経験分野へ挑戦する可能性が開けてきます。

リクナビNEXTはリクルートが運営する転職サイトです。就職活動をする90%以上の人がこの転職サイトを利用していることからもわかるように「就活=リクナビに登録」という意識が就活をする人に何となくあるのだと思います。リクナビNEXTは優れた転職サイトですが、何となく使っているだけでは宝の持ち腐れです。転職サイトの利用の仕方にはコツがあります。それはすべてのサービスを利用しようとせず、捨てる勇気をもつことです。各転職サイトの用途を決めて、複数社使った方がずっと効率的ですよ。

【はたらいく】はリクルートが運営する地域密着型の転職サイトです。地元に密着した求人が多いので、自宅の近くでの就職を希望されている方には一度求人を見てみることをおすすめします。ハローワークも地元密着型ですが、求人の質が違うことがわかるかと思います。

転職会議は口コミサイトの中では最も有名だと思います。特徴としては企業の口コミの豊富さにあります。求人サイトとしてのサービスもありますが、これについてはほかの大手転職サイトを使った方が良さそうです。あくまでも求人応募時、内定承諾の検討時の材料として口コミを良く読むという使い方がベストな使い方だと思います。

求人応募
スポンサーリンク
CowBoyをフォローする
20代のための転職塾