気になる求人でもすぐに応募すべきではないその訳とは?

求人応募
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職サイトやハローワークで気になる求人を見つけると誰しもすぐに応募したくなるものです。その前に確認すべきことはきちんとしておきましょう。それは・・・・・

Sponsored Links

応募する前に確認すべき3つのこと

 

 

希望する条件に近い求人が見つかった時はうれしいものですね。

私にも経験がありますからよくわかります。

 

 

早く応募しないと締め切られるのでは?という思いから応募を急いでしまい、時間の無駄になったことも少なくありません。

 

 

そんな失敗をあなたにはして欲しくありませんので、1日で確認出来ることはやっておくべきだと思います。

 

 

  • 就職の目的にあっているか?
  • 譲れない希望条件はクリアしているか?
  • 求人を出している会社の財務状況・社員の評判を確認したか?

 

 

詳しくはこれから説明します。

 

 

就職の目的にあっているか?

 

 

就職の目的とは転職理由のことです。

「何のために転職するのか?」というそもそもが求人の内容にあっていないと応募する意味はないですよね?

 

あなたは一体何がやりたくて就職するのでしょうか?

それを明確にすることはとても大事です。

 

 

会社を辞めて就職する前に明確にしておくこととは?でも書いた通りです。

どの道にあなたは進むべきなのか?進みたいのかをまずは明確にしましょう。

 

 

求人への応募はそれからでも間に合います。

むしろ就職の目的を明確にしないで何となく就職活動をする方が多いので、応募する求人、面接、内定後どうするか?などで悩まれるんですね。

 

 

譲れない希望条件はクリアしているか?

 

 

これも重要なポイントです。

いくら仕事にやりがいがあっても条件面で譲れない点があったり、雇用形態で正社員を絶対条件としていたり。

 

就職する人それぞれに希望条件は違います。

ただ全ての希望を叶えてくれる会社はありません。

 

優先順位をつけて、これだけは譲れないことを決めておくことが大切です。

私の場合は家族の事情で勤務地優先でした。

 

これはとても就職には厳しかったですね。

正社員採用されれば、転勤は拒めないですからね。

 

転勤のない正社員採用求人を見つけるのはとても苦労しましたし時間もかかりました。

このように希望条件をクリアにしておくことはとても重要です。

 

内定辞退するのは交渉事なので大変ですから、入社したい会社以外は応募しないほうが良いです。

 

 

会社の調査をしたか?

 

 

ここが最も重要かもしれませんね。

就職した会社がブラック企業だったら大変ですので、応募前に調査すべきです。

 

 

 

内定が出てから調査するのは念のためということで、基本的には応募段階でそのような評判の良くない会社に応募すべきではありません。

口コミサイトでは転職会議やキャリコネが有名ですが私はキャリコネをおすすめします。

 

 

 

そこには面接で聞かれた内容や口コミのほかに実際の給与明細も掲載されているからです。

求人票に書かれている給料はあくまでも目安ですのでこのような口コミサイトはとても参考になります。

 

 

キャリコネ

 

 

 

もう一点あります。

社員にとって働きやすい環境であっても、会社として利益が出ていない場合も応募は見送りましょう。

就職してリストラでは目も当てられませんから。

 

 

キャリコネ

トップへ戻る

Sponsored Links